債務整理のデメリットと誤解

債務整理によって借金を無くしたり減額したりできますが、そのような手続きがデメリット無しでできると考える人も少ないでしょう。債務整理は大きく自己破産、民事再生、任意整理に分かれます。デメリットについても、度の手続きかによって変わってきます。

 

まず、よく言われているデメリットとしてブラックリストへの登録があります。債務整理をしたという情報は信用情報機関に記録されるので、一定期間借入れが制限されます。自己破産や民事再生の場合には7~10年、任意整理でも5年程度借りいれができなくなります。

 

また、債務整理の情報は官報にも掲載されます。自己破産と民事再生は掲載されますが、任意整理では掲載されません。また、官報に掲載されるといっても、一般の人が官報を見るケースはほとんどありません。

 

一部職業の制限もデメリットの1つです。これは自己破産のみとなりますが、保険の外交員、警備会社の警備員など、一部の職業に就けません。ただしこれも一生モノではなく、半年程度の制限となります。

 

実際に挙げてみると、借金が無くなる割には、それ程大きなデメリットがないと感じたのではないでしょうか。よく勘違いされがちな、戸籍に情報が載る、年金が受給できなくなる、会社をクビになる、といったうわさは間違いです。

 

様々なデメリットがありますが、それらを嫌うばっかりに闇金からお金を借りるなどすると状況はさらに悪化します。闇金は一度でも手を出してしまうとヤミ金の大きな被害にあってしまうので注意が必要です。